• 相続のタイムスケジュール
  • 法定相続人
  • 相続人調査
  • 相続税の早見表
  • 相続財産の評価
  • 路線価と倍率方式
  • 建物の評価
  • 貸家建付地の評価
  • 貸家の評価
  • 小規模宅地等の特例
  • 特定事業用資産の特例
  • 取引相場のない株式
  • 基礎控除額
  • 配偶者控除
  • その他の控除
  • 更正の請求
  • 生命保険で節税
  • 養子縁組
  • 相続時清算課税制度について
  • 相続時清算課税メリット、デメリット
  • 住宅取得等資金の贈与
  • おしどりの贈与
  • 贈与税
  • 贈与税の非課税資産
  • 生前贈与で相続対策
  • 相続税を減らす方法
  • 農家の相続対策
  • コインパーキングで相続対策
  • 一括納税と延納
  • 農地納税猶予
  • 物納
  • 納税対策
  • 準確定申告
  • 相続に必要な書類は
  • 遺産分割協議書とは
  • 限定承認、単純承認、相続放棄
  • 遺言書
  • 成年後見制度
  • 預金の凍結
  • 不動産の分け方
  • 遺留分
  • 相続登記
  • 相続事例1
  • 相続人調査

     相続人調査と法定相続

    相続人とは

    相続の当事者は、「被相続人」と呼ばれる人と、「相続人」と呼ばれる人に分かれます。

    「被相続人」とは、財産を残す人のことです。言い換えれば、「亡くなった人」のことを指すことになります。
    「相続人」とは、財産を受け継ぐ人のことで、基本的には被相続人の家族が対象となります。
    その対象ははあらかじめ法律で決められており、相続が発生した際はまず、相続人を調査することから始まります。
    これを相続人調査といいます。



    相続人調査

    相続は、誰でも出来る訳ではありません。

    相続できる人と、相続できない人がいるのです。これは、法律で定められて
    いるので、相続したいといって勝手に相続人になる事は出来ません。
    この法律で決められている人を、法定相続人と言います。

    この例外としては、遺言書に相続人として挙げられている場合があります。

    相続人調査とは、遺言書の有無、そして相続人となり得る方の関係を調査して
    明確にすることを言います。相続人調査は、戸籍を取り寄せて厳密に行います。



    法定相続

    法律で定められた相続財産の分配割合と、その方法を法定相続と言います。

    相続は、相続人同士の話し合いで決めるのが、原則ですので、法定相続
    通りに分配しなくてはいけない、という強制力はありません。
    しかしながら、誰かが自己主張を始めると、まとまらないのも相続です。
    法定相続を前提に考えるのが、一般的には上手くまとまるようです。

    ここでは、法定相続についてお伝えしていきます。

    法定相続においては、相続人になれる優先順位が定められています。

    ・第1順位の相続人としては、子供、孫、ひ孫です。
    ・第2順位の相続人としては、父母です。
    ・父母の両方が亡くなっている時は、祖父母です。
    ・第3順位の相続人としては、兄弟姉妹となります。


    配偶者(亡くなった人から見た妻、または夫のこと)は、常に相続人となります。
    法定相続のルールは、大きくは次に挙げる1~3となります。

    1.第1順位である子供がいると、妻と子供が相続人となります。
    2.第1順位である子供以下が、全くいない時は、
    第2順位である父母が相続人となります。
    3.父母より上の人達もいない時に、第3順位である兄弟姉妹が
    相続人となります。


    つまり、違う順位の相続人は、同時に相続人にはならないということです。

    例えば、

    ・亡くなった人に子供 (第1順位)がいれば、両親や兄弟姉妹は
    相続人にはなれません。
    ・亡くなった人に子供 (第1順位) がなく、両親・祖父母も含めて上の
    人(第2順位)も全て亡くなっている場合は、兄弟姉妹が相続人になります。


    相続人調査をする場合、戸籍をもとに確認していく事が必須となります。


    被相続人の預貯金、不動産、自動車、株の名義変更をしたい・・・
    遺産分割協議をする前に、確実な相続人の特定をしておきたい・・・
    行方不明 となっている相続人の生死や現住所が知りたい・・・
    限定承認をしたい・・・


    と、お考えでしたら、最初に戸籍等による相続人調査をしておく必要が
    あります。なぜなら、 亡くなった人とその相続人の戸籍を確認してみないと、
    正確な相続人が分からないからです。

    ※相続の名義変更は現預金や動産、土地・建物の不動産と多岐に渡る非常に
    重要なプロセスですが、相続人調査を行わず、万一、相続人に漏れがあると、
    すべての遺産相続は無効となってしまいます。

    このため、厳密な相続人調査が必要となるのです。



    ▲ PAGE TOP
     

     

     

    無料相談はこちら

     

     

     

     

     

     

    <