• 相続のタイムスケジュール
  • 法定相続人
  • 相続人調査
  • 相続税の早見表
  • 相続財産の評価
  • 路線価と倍率方式
  • 建物の評価
  • 貸家建付地の評価
  • 貸家の評価
  • 小規模宅地等の特例
  • 特定事業用資産の特例
  • 取引相場のない株式
  • 基礎控除額
  • 配偶者控除
  • その他の控除
  • 更正の請求
  • 生命保険で節税
  • 養子縁組
  • 相続時清算課税制度について
  • 相続時清算課税メリット、デメリット
  • 住宅取得等資金の贈与
  • おしどりの贈与
  • 贈与税
  • 贈与税の非課税資産
  • 生前贈与で相続対策
  • 相続税を減らす方法
  • 農家の相続対策
  • コインパーキングで相続対策
  • 一括納税と延納
  • 農地納税猶予
  • 物納
  • 納税対策
  • 準確定申告
  • 相続に必要な書類は
  • 遺産分割協議書とは
  • 限定承認、単純承認、相続放棄
  • 遺言書
  • 成年後見制度
  • 預金の凍結
  • 不動産の分け方
  • 遺留分
  • 相続登記
  • 相続事例1
  • 法定相続人

    配偶者がいる場合
    1. 配偶者 + 第1順位者(子 or 孫)
    2. 配偶者 + 第2順位者(父母 or 祖父母)
    3. 配偶者 + 第3順位者(兄弟姉妹 or 甥・姪)
    4. 配偶者

    配偶者がいない場合
    5. 第1順位者(子 or 孫)
    6. 第2順位者(父母 or 祖父母)
    7. 第3順位者(兄弟姉妹 or 甥・姪) 

    【配偶者】
    夫または妻のことで、法律上の婚姻関係(戸籍上)にある者。内縁関係では相続権はありません。配偶者は、常に相続人になります。

    【直系卑属】
    子、孫、曾孫等のこと。子には、養子縁組した養子や他の家に養子に出した実子も含まれます。
    胎児
    既に生まれいるものとみなされ相続できます。
    非嫡出子
    認知されると相続できます。それで、遺言書で認知する場合があるのです。
    連れ子
    例えば、連れ子のいる人が再婚し、再婚相手が死亡した場合、この連れ子は相続権はありません。相続できる為には、再婚相手と生前に養子縁組を結んでなければなりません。

    代襲相続
    子と兄弟姉妹には「代襲相続」が認められています。代襲相続とは、本来相続すべき人が被相続人より先に死亡している場合に、その子孫が‘身代わりになって’相続することです。具体例を申し上げますと、3人兄弟が相続した場合、長男が既に亡くなっていれば、その子が代わりに相続するということです。ただし、第1相続人の代襲は永遠に続くのですが、兄弟姉妹の場合はその子(甥・姪)までです。そして、この「代襲相続」が成立するのは、

    1.相続人が被相続人より先に死亡している。
    2.「相続欠格」や「相続排除」で相続権を失っている。
    上記2つの場合です。

    ▲ PAGE TOP
     

     

     

    無料相談はこちら

     

     

     

     

     

     

    <