• 相続のタイムスケジュール
  • 法定相続人
  • 相続人調査
  • 相続税の早見表
  • 相続財産の評価
  • 路線価と倍率方式
  • 建物の評価
  • 貸家建付地の評価
  • 貸家の評価
  • 小規模宅地等の特例
  • 特定事業用資産の特例
  • 取引相場のない株式
  • 基礎控除額
  • 配偶者控除
  • その他の控除
  • 更正の請求
  • 生命保険で節税
  • 養子縁組
  • 相続時清算課税制度について
  • 相続時清算課税メリット、デメリット
  • 住宅取得等資金の贈与
  • おしどりの贈与
  • 贈与税
  • 贈与税の非課税資産
  • 生前贈与で相続対策
  • 相続税を減らす方法
  • 農家の相続対策
  • コインパーキングで相続対策
  • 一括納税と延納
  • 農地納税猶予
  • 物納
  • 納税対策
  • 準確定申告
  • 相続に必要な書類は
  • 遺産分割協議書とは
  • 限定承認、単純承認、相続放棄
  • 遺言書
  • 成年後見制度
  • 預金の凍結
  • 不動産の分け方
  • 遺留分
  • 相続登記
  • 相続事例1
  • 小規模宅地等の特例

    小規模宅地等の特例

    相続における不動産活用において、最も多く使われ効果が大きいのが「小規模宅地等の特例」です。

     自宅の土地いて、相続税評価額を80%減額できる制度です。240㎡まで対象となります。

     ただし、この制度を利用するには一定の条件があります。どれを選択できるかで、相続税評価額が大きく異なります。2010年度の税制改正で条件がかなり厳しくなりました。


    自宅の土地 80%減 240㎡まで

    配偶者
    同居又は、生計を一にしていた親族(申告期限まで所有、居住)
    配偶者、同居親族がなく、相続開始以前3年以内に自分の持家に住んだことがない親族(申告期限まで所有、居住)

    ▲ PAGE TOP
     

     

     

    無料相談はこちら

     

     

     

     

     

     

    <