• 相続のタイムスケジュール
  • 法定相続人
  • 相続人調査
  • 相続税の早見表
  • 相続財産の評価
  • 路線価と倍率方式
  • 建物の評価
  • 貸家建付地の評価
  • 貸家の評価
  • 小規模宅地等の特例
  • 特定事業用資産の特例
  • 取引相場のない株式
  • 基礎控除額
  • 配偶者控除
  • その他の控除
  • 更正の請求
  • 生命保険で節税
  • 養子縁組
  • 相続時清算課税制度について
  • 相続時清算課税メリット、デメリット
  • 住宅取得等資金の贈与
  • おしどりの贈与
  • 贈与税
  • 贈与税の非課税資産
  • 生前贈与で相続対策
  • 相続税を減らす方法
  • 農家の相続対策
  • コインパーキングで相続対策
  • 一括納税と延納
  • 農地納税猶予
  • 物納
  • 納税対策
  • 準確定申告
  • 相続に必要な書類は
  • 遺産分割協議書とは
  • 限定承認、単純承認、相続放棄
  • 遺言書
  • 成年後見制度
  • 預金の凍結
  • 不動産の分け方
  • 遺留分
  • 相続登記
  • 相続事例1
  • 建物評価

     建物の評価は、原則として倍率方式で評価を行い、その倍率は1.0倍です。
    固定資産評価額掛ける1、つまり固定資産評価額がそのまま相続税の評価額となります。
     固定資産評価額は、毎年固定資産税を納付している通知書に記載がありますので、その通知書より確認することができます。
     建物と一体となっている電気設備や、給排水設備などは、固定資産評価額に含まれているものとして評価します。 建築中の建物は、かかった費用の70%で評価します。
    家屋の評価額= 固定資産評価額 × 1.0倍
    建築途中の家屋の評価 = 費用現価の額×70%

    ▲ PAGE TOP
     

     

     

    無料相談はこちら

     

     

     

     

     

     

    <