• 相続のタイムスケジュール
  • 法定相続人
  • 相続人調査
  • 相続税の早見表
  • 相続財産の評価
  • 路線価と倍率方式
  • 建物の評価
  • 貸家建付地の評価
  • 貸家の評価
  • 小規模宅地等の特例
  • 特定事業用資産の特例
  • 取引相場のない株式
  • 基礎控除額
  • 配偶者控除
  • その他の控除
  • 更正の請求
  • 生命保険で節税
  • 養子縁組
  • 相続時清算課税制度について
  • 相続時清算課税メリット、デメリット
  • 住宅取得等資金の贈与
  • おしどりの贈与
  • 贈与税
  • 贈与税の非課税資産
  • 生前贈与で相続対策
  • 相続税を減らす方法
  • 農家の相続対策
  • コインパーキングで相続対策
  • 一括納税と延納
  • 農地納税猶予
  • 物納
  • 納税対策
  • 準確定申告
  • 相続に必要な書類は
  • 遺産分割協議書とは
  • 限定承認、単純承認、相続放棄
  • 遺言書
  • 成年後見制度
  • 預金の凍結
  • 不動産の分け方
  • 遺留分
  • 相続登記
  • 相続事例1
  • 貸家建付地の評価

     貸家建付地とは、借家人がいる建物(貸家)が乗っている土地をいいます。
     例えば、一戸建ての家屋を貸している場合や、賃貸アパートや賃貸マンションの敷地も貸家建付地となります。
     貸宅地の場合、土地の上に乗っている建物(家屋)は借地人のものであり、借地人の借地権は借地借家法により強い保護をうけます。
    これに対して、貸家建付地の場合、土地もその上の建物(家屋)も土地所有者のものであるため、借家人の権利は借地権ほど強く守られているわけではないという違いがあります。

     具体的には、貸家建付地の評価額は以下のように計算します。

      貸家建付地の評価額 = その宅地の自用地としての価額 - その宅地の自用地としての価額×借地権割合×借家権割合×賃貸割合〕

     借地権割合というのは、国税局長が決める割合です。国税庁ホームページの路線価図・評価倍率表で確認できます。ちなみに徳島県は概ね50%となっています。
     借地権割合はこちらから確認できます ⇒ 路線価図・評価倍率表

     賃貸割合とは、課税時期において、賃貸している家屋(アパート等)の全床面積に対する賃貸部分の床面積の割合をいいます。
     なお、継続して賃貸されている部屋で、課税時期において一時的に空室となっていた場合は賃貸されているものとして計算しても差し支えありません。



    ▲ PAGE TOP
     

     

     

    無料相談はこちら

     

     

     

     

     

     

    <