• 相続のタイムスケジュール
  • 法定相続人
  • 相続人調査
  • 相続税の早見表
  • 更正の請求

     相続税・贈与税等の国税を納めた人が、本来の税額よりも多く納付していることに気付いたときには、多く払い過ぎた分の税額を還付してもらうことが出来ます。そのための手続きを「更正の請求」といいます。

    2011年度税制改正により
    2012年12月2日以後に申告期限(相続開始から10ヶ月後)が到来する人はこの更正の請求の期間が5年以内に延長されました。

    従来の還付手続
     申告期限から1年以内の場合   ------ 更正の請求
     申告期限から1年超5年以内の場合 ----- 還付嘆願

    相続税還付の現状

    相続税を余分に払っているケースは頻繁にあります。
    以下は国税庁HPより抜粋した相続税還付の現状です。

      還付相続人数 還付金額 1人あたり平均還付額
    平成19年 465人 11億7200万円 250万円
    平成18年 356人 8億7300万円 240万円
    平成17年 296人 7億9600万円 260万円
    ▲ PAGE TOP
     

     

     

    無料相談はこちら

     

     

     

     

     

     

    <