• 相続のタイムスケジュール
  • 法定相続人
  • 相続人調査
  • 相続税の早見表
  • 生命保険の非課税金額

    死亡保険金は、「残された家族の生活保障」という大切な目的を持った遺産ですので、一定の生命保険金が非課税とされています。

    被相続人の死亡によって取得した生命保険金等で、その保険料の全部又は一部を被相続人が負担していたものは、相続税の課税対象になります。
    ただし、この死亡保険金の受取人が相続人(相続を放棄した人や相続権失った人は含まれません)である場合は、全ての相続人が受け取った保険金の合計額から、次の算式によって計算した非課税限度額を控除します。

    500万×法定相続人の数=非課税限度額

    注)法定相続人の数には、相続を放棄した人がいても、その放棄がなかったものとした場合の相続人の数をいいます。
    相続人以外の人が取得した、死亡保険金には非課税の適用はありません。


    ▲ PAGE TOP
     

     

     

    無料相談はこちら

     

     

     

     

     

     

    <