• 相続のタイムスケジュール
  • 法定相続人
  • 相続人調査
  • 相続税の早見表
  • 相続財産の評価
  • 路線価と倍率方式
  • 建物の評価
  • 貸家建付地の評価
  • 貸家の評価
  • 小規模宅地等の特例
  • 特定事業用資産の特例
  • 取引相場のない株式
  • 基礎控除額
  • 配偶者控除
  • その他の控除
  • 更正の請求
  • 生命保険で節税
  • 養子縁組
  • 相続時清算課税制度について
  • 相続時清算課税メリット、デメリット
  • 住宅取得等資金の贈与
  • おしどりの贈与
  • 贈与税
  • 贈与税の非課税資産
  • 生前贈与で相続対策
  • 相続税を減らす方法
  • 農家の相続対策
  • コインパーキングで相続対策
  • 一括納税と延納
  • 農地納税猶予
  • 物納
  • 納税対策
  • 準確定申告
  • 相続に必要な書類は
  • 遺産分割協議書とは
  • 限定承認、単純承認、相続放棄
  • 遺言書
  • 成年後見制度
  • 預金の凍結
  • 不動産の分け方
  • 遺留分
  • 相続登記
  • 相続事例1
  • おしどり贈与の特例


     「おしどり贈与」(贈与税の配偶者控除)とは、結婚してから20年以上経った夫婦間で、自宅やその購入資金の贈与があったときは、最高2,000万円までの配偶者控除が認められるという制度です。基礎控除が110万円ですから、他の贈与がなければ合計2,110万円まで贈与税がかかりません。

    〔適用要件〕
    (1) 婚姻期間が20年以上であること
    (2) ご夫婦の居住用不動産の贈与又は居住用不動産の取得のための金銭の贈与である
    (3) 贈与の年の翌年3月15日までにご夫婦が居住し、かつ引き続き居住する見込みである
    (4) 前年以前に同一の配偶者からおしどり贈与を受けていない
    (5) 土地又は借地権のみの贈与の場合家屋の所有者が配偶者又は同居している親族である。

    ▲ PAGE TOP
     

     

     

    無料相談はこちら

     

     

     

     

     

     

    <