• 相続のタイムスケジュール
  • 法定相続人
  • 相続人調査
  • 相続税の早見表
  • 遺言書の方式

    法律で定められている遺言の方式のなかでも、主なものは以下の3種類です。
    ① 自筆証書遺言
    ② 公正証書遺言
    ③ 秘密証書遺言
    これらの中から選んで作成するのが一般的です。
    それぞれ特徴があり、遺言者の方がじっくり考えてご自分に合ったものを選ばれるとよいでしょう。
    この他、「特別方式遺言」という物もありますが、船で遭難した時や刑務所の中などでするなど、特別の場合にするためのものなので、これから遺言を用意される方は特に気にする必要はありません。


    公正証書遺言

     証人2人の立会いの下、公証役場にて公証人が遺言者の意思を文書にして作成する方式。

    ● 長所
    ① 変造・紛失の恐れがない
    ② 法的に無効となる心配がない。
    ③ 家庭裁判所の検認手続きが不要。
    ④ 遺言者が遺言当時に正常な意思能力を有していたことを公証人が証明できる。

    ● 短所
    ① 費用が掛かる
    ② 準備に手間がかかる。
    ③ 証人や公証人が立ち会うため、遺言の内容が知られてしまう。

    プロの手によって作成されますので、遺言の中でもっとも安心です。
    多少の費用は掛かりますが、それだけの安心につながります。

    ▲ PAGE TOP
     

     

     

    無料相談はこちら

     

     

     

     

     

     

    <