• 相続のタイムスケジュール
  • 法定相続人
  • 相続人調査
  • 相続税の早見表
  • 預金の凍結

    銀行預金はいったん凍結される

    銀行預金口座の名義人が亡くなった旨を銀行が知ると、銀行は預金口座を一旦凍結します。
    例えば、被相続人の近くにいる人間が預金カードなどを用いて入出金を行うと、 正確な相続額がわからなくなったりなどで、銀行側がトラブルの原因を作ってしまわない為の予防線です。 銀行預金払戻(解約)手続

    銀行預金の払い戻しに必要な書類は主に次のとおりです。
    下記は完全に正確なものではなく、 手続をする金融機関により異なる場合があります。


    <必要書類>
    ・被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本(および除籍謄本)
    ・相続人全員の戸籍謄本
    ・相続人全員の実印と印鑑証明書
    ・遺産分割協議書
    ・金融機関所定の払戻請求書
    ・被相続人名義の預金通帳および届出印

    銀行側は、法定相続人が誰であるかきっちり判断してからでないと払い戻しに応じられませんので、 出生から死亡までの戸籍謄本(および除籍謄本)を要求されます。
    これにより、例えば子が何人いるか兄弟親族が何人いるかを把握することが出来ます。

    また、判明した法定相続人全員の意思表示があるかどうかを遺産分割協議書などで確認します。
    他手続きと同様にこれに不足がありますと法的効力も失いますので、銀行も手続きを進められなくなります。



    ▲ PAGE TOP
     

     

     

    無料相談はこちら

     

     

     

     

     

     

    <