• 法定相続人
  • 相続人調査
  • 相続税の早見表
  • 遺留分について

    遺留分とは、法定相続人のうち兄弟姉妹以外の相続人に認められた最低限の保障ということです。(行き過ぎた遺言の一定の歯止め)
    遺留分の一定割合は、直系尊属のみが相続人になる時は遺産の3分の1、それ以外の時(配偶者、子)は2分の1となります。
    配偶者がいて、子が2人いる場合、その内の1人の子だけが請求した場合は、その子の相続分4分の1(法定相続分2分の1×子の頭数2分の1)に一定割合2分の1を乗じた8分の1が、その子の遺留分となります。


    遺留分減殺請求について

    遺留分という権利を主張するには、遺留分を侵害する遺贈・贈与を受けた相手に対し意思表示をする必要があります。
    この意思表示を遺留分減殺請求といいます。裁判等に訴える必要はなく、相手方への通知によって効力が生じます。




    ▲ PAGE TOP
     

     

     

    無料相談はこちら

     

     

     

     

     

     

    <